私の最初のカーニバル

Updated: Jun 28

初めてのカーニバルは、3度目のトリニダード・トバゴを訪れた時でした。 それまでは、観客としてカーニバルを楽しんでいました。 自分の身長よりはるかに大きく色とりどりで、ゴージャスな衣装の羽根、そして、太陽の光りが反射して光る煌びやで大胆なマスコスチューム(カーニバルの衣装のこと)。 人生一度でいいから着てみたい!そう想い参加して早数年。今では毎年必ず行く程、カーニバルの虜になりました! カーニバルにマスカレーダーとして参加するにはバンドに入らなければな りません。バンドは、マスカレーダーのチームのことで、数千人規模のものから、100人以下の小さいものと様々です。 バンドに入ったら今度はマスの衣装を決めます。大体の方が、各バンドの マス発表(記者会見とファッションショーのようなパーティー)で、好き なマスを見つけて、バンドを選ぶことが多いです。 カーニバルは毎年2、3月の間に行われます。 スティールパンの日が2日間、マスカレーダー(マスを着ている人たちのこと)の日も2日間で、カーニバルの本番メインの日は、合計4日間あります。 その前に、一番早いもので12月のクリスマス後から前夜(?)ではない ですが、前夜祭なるものが、数か月前からスタートします。 時間も朝昼夜といろんなタイプのフェテ(パーティー)が行われ、本番1 ヶ月前ぐらいから観光客も一気に増え、本番1週間前からは、もう怒涛の 毎日が、翌週のアッシュウェンズデーの水曜日まで、ぶっ通しで続きます。 いつか行こうと思っている方は、覚悟して行ってください(笑)。もちろ ん、それ以上に、味わったことのない経験ができることは確かです。私が 自信を持って保証します。 本番当日1日目は、カーニバルマンデーの月曜日。 水着のような衣装を着て町中を練り歩くのですが、この日が一番普通に楽 しく過ごせる日だと思います。何せ他は泥んこになったり、マスを1日中 着て歩き回るので、汚れ