グーグルで翻訳

2018.10.25

LargeUp Premiere:2019トリニダードカーニバルのPrecision Productionsの最新のリディムである大阪を聴く

日本のソカは今や物事であり、過去20年間にダンスホールが日本の文化に組み込まれ、その逆も同様であることを見て、このつながりが成長し続けるだけだと考える必要があります。

 

東京とトリニダードの間のこの深まる交流は、トリニダードカーニバル2019、大阪の2番目のリディムリリースの作成において、スーパープロデューサーチームのプレシジョンプロダクションズに影響を与えました。昨日、5スターAkilが大阪で最初のシングル「Personal」 のビデオデビューしました 。これは、カリブ海のアーティストが日本で初めて撮影したビデオでもあります(日本のsocaアーティストのビデオを見ることができますしかし、ここに見えます!)。

 

先月のジャパンソカウィークエンドで東京で撮影された「パーソナル」への反応は素晴らしかったので、5トラックのリリース全体を共有します。注目のボーカルグループLFSミュージックは2番目に人気のある国歌「Start It」で続き、その後にKerwin Du Boisの「Right For Somebody」が続きます。 」リリースを締めくくるのは、Preedy(「ウォームアップ」)と3度の国際的なSoca Monarch Voice(「Alive and Well」)の賛歌です。

 

「カリブ海で先住民族の音楽を制作し、英語を話せない、異文化から来た世界の向こう側の人々が楽しそうに音楽を歌っているのを見るのは現実的です。」Precision Productionsのケイシーフィリップスは、大阪の背後にある考えについて私たちに話しました。 「私は一生懸命働き、自分の文化を世界に広めるためにできる限りのことを続けたいと思っていました。」

 

ここにいくつかの大きな野心的なトラックがあります:どのトラックが最も人気があるかを見るのは興味深いでしょう。

 

まあ準備ができたら、レーウェーゴー!

ソース: LargeUp

メーリングリストに参加して最新情報を入手してください

 © 2020-2021 Soca In Japan®

  • Facebook Social Icon
  • Instagram_App_Large_May2016_200
  • YouTube Social  Icon